外国人のビザ、経営管理ビザ、技能ビザ、永住ビザのことなら、札幌の行政書士法人クリムゾンパートナーズ札幌にお任せください。

〒060-0051 札幌市中央区南1条東2丁目11番1号ノーザンヒルズ大通東9階
地下鉄東西線バスセンター前駅4番出口 徒歩3分・大通駅26番出口 徒歩5分

お電話でのお問合せはこちら
011-600-2693
受付時間
10:00~18:00(18時以降対応可)
定休日
土曜・日曜・祝日(定休日対応可)
E-mail
info@immigration-sapporo.com

お問合せは24時間お気軽に!

配偶者ビザ

こちらでは当社の配偶者ビザ取得サービスについて紹介いたします。

配偶者ビザとは、日本人と結婚した配偶者や、日本人の子どもとして生まれた人や特別養子が、日本で生活するために受ける在留資格です。この配偶者ビザを持っている人は活動に制限がありませんので、職業を自由に選ぶことができます。このため、本来は就労ビザが必要である職業以外の職業に就くことができます。また、日本人の配偶者は被扶養者である必要もありません。 

通常は5年・3年・1年・6ヶ月のうちいずれかの期間で許可され、
その後、在留期間更新・在留資格変更・永住許可の手続き等を行います。

配偶者ビザ」「結婚ビザ」という呼び方は通称で、正確には「日本人の配偶者等」の在留資格となります。

配偶者ビザ取得をお考えの方

  • 夫婦での同居期間が短くても、配偶者ビザの更新申請は許可されますか?
  • 配偶者ビザを申請したいけれど、昔オーバーステイの経歴があります。大丈夫?
  • 結婚相手を短期滞在ビザで日本に呼んで、その間に「日本人の配偶者等」の認定申請できますか?
  • 自分で行った配偶者ビザ申請が不許可に。再申請で配偶者ビザを取得できますか?

配偶者ビザ取得サービス

配偶者ビザ取得

ご自身では配偶者ビザの取得・更新・変更が難しい案件でも、一緒に解決方法を探し、サポート致します。
自分で出入国管理庁に配偶者ビザ申請を行って、不許可になった方の再申請もお任せください。
それぞれのご事情に合わせた準備を行うことで、後々のトラブルを回避し、日本に在留しやすくなるための環境整備のアドバイスも行っております。

まずはお気軽に無料相談・お問合せをご利用ください!

お電話でのお問合せはこちら

011-600-2693

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。

*ただし、手続きの詳細な方法、書類作成の方法等につきましてはご遠慮ください。

メールでのお問合せは24時間受け付けておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。

受付時間:10:00~18:00(18時以降対応可)
定休日:土曜・日曜・祝日(定休日対応可)

E-mail:info@immigration-sapporo.com

外国人ビザ,経営管理ビザ,就労ビザ,永住ビザ,技能ビザ,外国人雇用,監理団体許可,事業協同組合設立,帰化