外国人のビザ、経営管理ビザ、技能ビザ、永住ビザのことなら、札幌の行政書士法人クリムゾンパートナーズ札幌にお任せください。

〒060-0051 札幌市中央区南1条東2丁目11番1号ノーザンヒルズ大通東9階
地下鉄東西線バスセンター前駅4番出口 徒歩3分・大通駅26番出口 徒歩5分

お電話でのお問合せはこちら
011-600-2693
受付時間
10:00~18:00(18時以降対応可)
定休日
土曜・日曜・祝日(定休日対応可)
E-mail
info@immigration-sapporo.com

お問合せは24時間お気軽に!

外国人の会社設立

こちらでは当社の外国人の会社設立支援サービスについて紹介いたします。

基本的には外国人の方が日本で会社設立を行う場合、「日本の配偶者等」・「定住者」の在留資格のない方は、「投資・経営」の在留資格が必要となります。外国人登録がされているのであれば、即日、印鑑証明書を取得できます。会社の設立の登記後に、「投資・経営」等の在留資格を申請するケースが一般的です。

1.外国人が「日本人の配偶者等」、「定住者」、「永住者」、「永住者の配偶者等」の在留資格を取得している場合

これらの在留資格(ビザ)をおもちの場合は、日本での活動に制限はありません。したがって日本人と同様にお好みの形態で法人を設立したり、ビジネスに投資したりが可能です。

2.外国人が「技術・人文知識・国際業務」、「技能」、「家族滞在」、「留学」などの在留資格を取得している場合

 

 これらの在留資格をお持ちの場合は、日本国内での活動に制限があるため自由に会社を設立しビジネスを行うことはできません。 したがって出入国在留管理庁で在留資格「経営管理」への変更申請を行わなければなりません。

 わかりやすい例でお話すると、調理師の方が一般的に取得する「技能」という在留資格がありますが、この場合、料理店で雇用されて調理師として勤務することが「技能」という在留資格の活動の前提となっています。

 したがってこの調理師の方が独立して自分でお店を経営する場合、在留資格を「技能」から「経営管理」に変更し、経営者としての活動を行えるようにしなければならないのです。

 出入国在留管理庁でこの経営管理への在留資格変更が許可されない限り、「技術・人文知識・国際業務」、「技能」、「家族滞在」、「留学」などの在留資格の方が日本で会社を経営することはできません。ここが外国人が日本で会社を設立する場合に最もハードルが高いところです。

 出入国在留管理庁での経営管理ビザへの在留資格変更申請は、会社を登記した後で行いますので、この経営管理ビザが不許可となった場合にはオフィスの賃貸借契約、出資金、店舗の改装費用など今までのすべての投資がすべて無駄になってしまうのです。

会社設立+許認可手続き+経営管理ビザ申請
サービスメニュー(リニューアル中)

会社設立(旅行業)+経営管理ビザ
会社設立(旅館業・簡易宿所))+経営管理ビザ
会社設立(飲食業)+経営管理ビザ
会社設立(ラウンドオペレーター)+経営管理ビザ
会社設立(不動産業)+経営管理ビザ
会社設立(古物商)+経営管理ビザ

まずはお気軽に無料相談・お問合せをご利用ください!

お電話でのお問合せはこちら

011-600-2693

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。

*ただし、手続きの詳細な方法、書類作成の方法等につきましてはご遠慮ください。

メールでのお問合せは24時間受け付けておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。

受付時間:10:00~18:00(18時以降対応可)
定休日:土曜・日曜・祝日(定休日対応可)

E-mail:info@immigration-sapporo.com

外国人ビザ,経営管理ビザ,就労ビザ,永住ビザ,技能ビザ,外国人雇用,監理団体許可,事業協同組合設立,帰化